The tomb and green trees

お金を包む際に

trucks funeral

納骨堂を利用する際には、大体皆お布施を僧侶の方に渡しているケースがあります。これは強制ではないので、お金に余裕がある方は納骨堂のマナーの一つとして、僧侶の方にお布施を支払ってほしいと思います。ただお布施ってどういうふうに渡せば良いのかわかりませんよね。納骨堂で現金をそのまま直に渡すのは出来ませんから、どうやってお金を包むべきなのかを簡単に説明しましょう。包み方としては簡易的に包む方法と、丁寧に包む方法とあります。どちらを選ぶのかはあなた次第です。まず簡単な方法としては、無地の白い封筒にお札を入れて渡すという方法です。この時に気をつけることは、二重になっている物は避けるということ。誰でもマネできるので大半の方はこちらの包み方でお布施を渡すケースが多いでしょう。そして丁寧に包む方法は、奉書紙を使わなければいけません。奉書紙というのは和紙に使われる素材で出来た紙で、ネット通販や文具店で簡単に入手することができます。これを慶事用の包み方で行い、僧侶の方に渡してください。ちなみに表書きや水引ですが、お布施の場合は普通の黒墨で書くことになります。文字はそのまま「お布施」と書きますが、書かない場合もありますね。そして水引なんですが、お布施はお礼という意味で渡す物なので、付けないのがマナーとなります。ただこれも地域によって異なったりするので、事前にネット検索などを利用してより詳しく調べておくのが良いでしょう。使う場合は白黒や銀の水引辺りがよく利用されるでしょう。納骨堂を利用する時に欠かせない事なのでよく覚えておいてください。